花苗の植え込み

花苗が届く

注文した花苗が届き植え込みをしました。19品種のうち6品種は育苗中とのことで今回、間に合いませんでしたが28株を植え込みました。花の名前がわからなくなるので名札を挿して番号杭を打ち込んでいます。名札は凍結で浮き風で飛んで、花の名前がわからなくなるので番号杭も打ち込んでいます。番号杭は3年前からですので、それ以前に植え込んだ花は名前が大分わからなくなってしまっています。また、名札に書いた花の名前も消えているのもあり、耐光性油性顔料インキのマジックで3年前から書いています。
そんなことで、花の名前のわからないのがかなりあり、あとでわかるのですが花苗もダブって注文してしまう羽目に。

寒風・猛暑から花を守る庭づくり

花苗はナーセリー(育苗会社)から購入しています。予算のこともあって小さい苗で購入します。だから、植え込んで雑草と間違って取ってしまうこともあり、1品種2株で購入します。1株だと雑草なのか花なのかわからなくなるからです。宿根草は園芸改良種なんだと理解してますが、宿根草も多年生の野草種という見方からすれば間違うのも無理のない話なんですね。
また、ここは冬は凍結・寒風で夏は猛暑ということで宿根草を選ぶには注意が必要です。そこで、木を植えることで寒風・猛暑から守る庭づくりが、この地では必要かと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください