源平咲きツツジ

一本の木に紅白の花

このところ暖かく、すっかり春らしくなって来ました。植物たちが一斉に動き出す季節を迎えてきます。スイセンとともにツツジも咲き出しました。ここのツツジはご覧のとおり一本の木に紅白の花が咲いています。
「ゲンペイシモツケ」と言うバラ科の落葉低木があります。シモツケは下野国(現在の栃木県)で最初に見つけられたことに由来し、一株から白とピンク色の花を咲き分けることから、源平の旗色に見立てられ「ゲンペイシモツケ」と名付けられています。
北海道以外では庭植えでそのまま越冬出来ると本に書かれていますが、ここでは冬越ししてます。そして、今年も芽が吹きだして来ています。ここのツツジも「ゲンペイシモツケ」と同じく白とピング色に咲き分けているので「源平咲きツツジ」とかってに呼んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください