マスクはどこで買うの?

ネット社会の現実

マスクを買いにドラックストアに行ってきました。ご覧のとおり「入荷なし」の表示です。店員さんに聞いても「わからないんです」の返事。何か欲しいものがあれば店に行って買うのが常識です。店になければ物がないので諦めるということになります。マスクで言うとマスクが無いのでマスクを付けないことになります。それが自然の成り行きですよね。
しかし、新型コロナウイルスでそうはいかない。そこで、マスクが無いので手づくりのマスクを付けている姿を見ます。しかし、それほど多くはないんですね。それではマスクを付けていないのかと言うと、みなさん付けているんですね。ただ、年配の方をウォッチングするとクシャクシャで何となく汚れたマスクが目につきます。
わたしも、そろそろマスクが無くなってくるのでインターネットで検索してみました。すると、ご覧のとおりあるわあるわ。価格も50枚で3千円前後で売りに出されていました。確か、店で買うと600円弱位だったような気がします。5倍の高値でネット流通しているんですね。
これが、現代社会の現実なんですね。
年配の方と言うのか、インターネットで買い物ができない方は社会から取り残されてしまう典型的な話ですね。
結局、意に反するものの腹に背は変えられないことから、200枚購入してしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください